新型アテンザのモデルチェンジについて気になる点を調べました。

新車を40万円安くするノウハウ
新型アテンザ(マツダ)
新型日産ノートレビュー

マツダのデザイン力と
技術力を集結

ダイナミズムなデザインが特徴的
機能性も高く注目のモデルとなっている

価格 人気グレード 値引き額の目安
290万円〜340万円 2.2 XD 5万円
エコカー減税 燃費
100% 154,200円 カタログ燃費:20.0km/L、実燃費:11.2km/L

質問一般的には値引き額はいくらぐらいですか?

7万円位です。月1000台程の販売台数で順調に売り上げており値引きはまだ厳しいでしょう。より支払額を少なくするために、こちらのサービスを利用する方法もあります。

質問エコカー減税は?

100%の減税で154,200円安く買えます。

質問エアロ装備は?

リアスポイラーやフロントスカートがマツダの純正品で10万円のセット販売されています。

質問購入から乗り出しまでの総額はいくらぐらいが相場ですか?

セダンXDで315万円程度です。オプションもつけてその程度の値段、燃費も良いので良心的な値段ではあると思います。

質問新型アテンザのウリはなんですか?

今までエコカーと言えば「燃費第一・運転第二」の様な所がありましたが、この車は両方を楽しむことができます。高い燃費性能ながらハイパワーでスポーティな走りが可能で、新しい形のスポーツカーと言えるでしょう。

質問旧型からの変更点は?

ボディサイズが大きく変わりました。ミドルサイズクラスであったものが大型化し、レクサスGS並みの大きさになりました。それにともなって重厚感や高級感が増し、乗る人の充足感を満たします。エンジンはマツダの「スカイアクティブエンジン」を搭載してガソリンエンジンとディーゼルターボエンジンから選べます。

質問エンジンの特徴、燃費性能は?

2.2Lディーゼルエンジンを搭載しています(XDグレード)。2.2Lながらディーゼルの特徴であるトルクの太さを生かして4.0L並みの力強い走りを可能にしています。
燃費性能は最大で22.4km/L(JC08)とこのサイズのセダンの中ではトップクラスの性能です。

質問ライバル車にはどういうクルマがありますか?

国産でしたらマークXやレガシィB4がライバルとされていて価格も同じくらいの価格ですが、燃費性能でアテンザは優位でマークXの倍の性能を持ちます。

質問セダンとワゴンどちらがおすすめですか?

ラゲッジスペースの大きさ、自由度の高さは圧倒的にワゴンの方が上です。しかし見た目の高級感はセダンの方が勝っています。高速走行時の安定性もセダンのほうがあるでしょう。
しかし基本的なボディパッケージや車重は殆ど変わらないので燃費性能や乗りやすさに違いはありません。目立った両者の違いは上記に挙げた程度ですが、強いて言うなら利便性を求めるならワゴン、質感を求めるならセダンでしょう。

質問納車期間はどのくらいですか?

マツダが想定する以上の注文数で納車が遅れており、少なくとも2ヶ月はかかるようです。

※質問は随時追加します

支払い総額を少なくして新型アテンザを安く手にいれる

いきなり結論ですが、支払い総額を抑える方法は今乗っているクルマの下取り額をUPすることです。

 『いや、自分の車は10年落ち&10万キロオーバーなんで、値段が付かないのでは?』

と思っている方。大丈夫です! 高年式車でも高値で下取りしてくれるサービスがあります。
例えば古いカローラでも40万円以上の査定額になったりもしています。
車種にもよりますが、ディーラー下取りと比べると数十万円違うこともあるので
現状の下取り額がいくらになるかチェックだけでもしてきましょう(所要時間も3分程度です)
下取り差額だけで新型アテンザのエアロやホイールなどが購入できるかもしれません。

↑車検証が手元にあると便利です

>>簡単1分一括査定はこちら

ところで、このうようなオンライン査定サービスは何でこんなにも高値で買い取れるのか不思議に思うかもしれません。その理由はボロ車であっても頑丈で人気の日本車は発展途上国でのニーズが高く十分に高値で売れるからだそうです。

そして、上のシステムだと買取り業者が複数参加するため、あなたのクルマに対し、一番高い査定額を提示してきた業者に売ることができるため利用価値が高くなります。不要なクルマを大切に乗ってくれ、しかも高く売れるのであれば気持ちよく新型アテンザに乗り換えられますしね。

    

マツダのフラグシップモデルとなっている新型アテンザは、こだわり抜いたデザインと最新の技術が融合したモデルとなっています。ボディカラーのメインイメージである「ソウルレッドプレミアムメタリック」ひとつを挙げても、深みのなかに鮮やかさが残る見事なカラーが印象的である。光の当たり具合でも見せる表情が異なり、マツダの美学を感じることができる。また、低燃費で環境性能も高いという点も素晴らしい。減速エネルギーを電気エネルギーに変える「i-ELOOP」など最新の技術がこれを支えている。独自のアイドリングストップ「i-stop」は界最速レベルの瞬間再始動により、ドライブのリズムを乱さないというユーザー起点の機能となっている。このように、デザイン性に加えて確かな技術によって編み出された快適性は、新型アテンザはカーライフをリデザインして「走る喜び」をユーザーに届けてくれる。

新車を40万円安くするノウハウ